2017年の年間人気記事とともにFantastickの1年を振り返る

2017年もそろそろ終わりを迎えようとしております。

早いもので2016年もそろそろ終わりを迎えます。みなさんは充実した1年を過ごせましたか?

と書いてから早1年。もう1年。すでに1年。

年をとると時間が経つのが早くなるとはいいますが、いくらなんでも早すぎでしょと感じるここ数年。本当に「あっ」という間です。

ということで今年何があったのか忘れないよう、今年も年間人気記事ランキングで締めたいと思います。

10位:意外と迷っている人が多かったiPhone 7

どっちが人気?iPhone7/iPhone7Plus 結局今回は買いなの?

2016年9月8日の記事。

昨年発売の機種についての検証記事がランクインしました。

今年の前半にワーッとアクセスが集まっていたので、発売後ようやく在庫が潤沢になって、やっとiPhone 7を買えるけどさてどっちがいいんだろう?あーもう高い買い物だし悩むわーという方々の一助になったのなら幸いです(長い)。

なお僕はiPhone 7 Plusを愛用しております。iPhone 6 Plusからの機種変でしたが、気持ち丈夫になったような気がしなくもないこともない。

9位:え!?まさかまだ使っていないの?最強クリーナー「Clew」

IQOS・gloユーザー必見 電子たばこクリーニングは「Clew(伏龍泉)」が絶対オススメ。

2017年6月7日の記事。

IQOSのみならず加熱式たばこユーザーで、Clewを持っていないという人はいないんじゃないでしょうか。それくらい2017年に大ブレイクした洗浄液です。

伏龍泉 Clew/クリュー(28ml)

抜群の洗浄力

例えばIQOSの場合、綿棒にClewをシュッと一吹きしてブレード周りを軽くこするだけ。それだけで本当に驚くほど簡単に汚れを除去することができます。

gloの場合もブラシに一吹きして掃除するだけ。消臭効果もありますので、ブラシのヤニ臭も軽減することができます。

Clewは人体に無害

そしてなにより優れた点は、人体に無害という点です。再生医療の現場で開発されたものなので、そりゃ当然です。

一方で具体名こそ申し上げませんが、市販のたばこクリーナーには人体に有害な「水酸化ナトリウム」が含まれていたり「界面活性剤」が使用されていることがあります。そして成分表示にそのことを明記していないことが。なぜに??

金属板でテストすると一発で分かります。金属に垂らすとすぐに泡立ち、金属を腐食していることが一目瞭然。その残留物を肺から吸い込むというのは考えられませんよね。

もちろん何も変化が起きないのはClewと水だけです。

強い洗浄力と人体への安全性。毎日吸うたばこですから、そこまで考えられた製品をお使いください。

お近くの正規販売店でお求めを

Clewを販売しているたばこ店一覧はこちらから→電子たばこクリーナー「Clew(クリュー)」販売店一覧

8位:ついにJTさんの本気が!?Ploom TECH直営店レポート

ついにオープンPloom Shop銀座店(Ploom TECH)&glo体験スポットに突撃リポートとその予約方法。

2017年6月30日の記事。

IQOSが先陣を切り、gloがすごいスピードでそれを追いかけるという状態だった、2017年の加熱式たばこ業界。

でもたばこ全体のシェアでいうと、JTさんが圧倒的なわけです。携帯キャリアで例えればドコモさんみたいなもんでしょうか。

IQOS/gloにやや遅れを取った形ではありますが、ようやくJTさんとして「新タイプのたばこ売るぞオラ!」という意志が見えたこの直営店でした。銀座のBEAMSの目の前です。

2018年1月には都内コンビニでの本体販売も予定されていますし、どんどん盛り上がっていきそうですね。

7位:意外と少ない、イケてるglo専用ケース

使い勝手のいいおしゃれなglo(グロー)専用レザーケース

2017年4月27日の記事。

Fantastickではglo専用ケースをいくつか企画販売していますが、おかげさまでどれも好調に推移しています。

この記事でご紹介したケースは、中でも一番最初にリリースした商品なんですが、売筋トップにはならないけどずっとコンスタントに売れているものです。こういう子って大事です。

6位:なんやかんや、カード収納できるケースは超便利

カード収納が出来るバータイプのiPhone6/6sケース6選

2016年3月16日の記事。

iPhone 7から搭載されたApple Payのおかげで、現金を使わない生活が当たり前になりました。昔は通勤途中で財布を忘れたことが分かると自宅にUターンしたものですが、今はスマホさえあれば何とでもなります。

しかし、世の中すべてのお店でApple Payが使えるわけではありません。うっかり財布を持たずにそんなお店に入ってしまうと、お会計の時にサーッと青ざめることになります。

まぁ私のことなんですけど→大人のiPhoneケースは本革&手帳型が一押しである理由

せめて財布を忘れても、クレジットカードさえあればどうにかなります。見た目はもちろん重要。しかしカード収納機能の有無は、社会人にとってはかなり重要なのです。

5位:ガチで焦った!いきなりの新型IQOSリリース

新型IQOS 2.4 Plusと旧iQOSの違いと保護ケース使用検証結果

2017年3月7日の記事。

これはびっくりした記憶があります。事前の何の噂もなく、ポン!と出てきました。

たとえば新型iPhoneが発売されるとき、なぜか発売日(よりも前)に量販店の店頭には新型iPhoneのケースが並んでいます。それはAppleさん。。。じゃなくどこかの工場が情報を意図的にリークしており、各ケースメーカーはその情報から製品を企画生産し、発売日に間に合わせるようにしています。

なので新型が出るにせよ、少しは噂や情報が出ると思っていました。それがまさかの突然リリース。

しかし形状はほぼ変わらなかったので、これ以降もFantastickのIQOS専用保護ケースは、どれも「iQOS」「IQOS 2.4 Plus」どちらも問題なく使える兼用となっています。

4位:青山に現れたgloストアレポート

7/21オープン glo(グロー)ストア青山店へ行ってみた&ストア限定新色にも対応・新作gloケース

2017年7月21日の記事。

3月のIQOS 2.4 Plusリリースに始まり、6月末のPloom TECH直営店オープン、そして7月末のglo直営店オープンと、加熱式たばこ業界はこの時期かなり熱かったですね。

さぁここからは2017年のトップ3!

3位:以前は本当に買えなかったよね、IQOS

【4/18更新】入手困難な新型IQOS 2.4 Plusを並ばずに定価で手に入れる方法

2017年3月11日の記事。

上述もしましたが、3月3日にいきなり発売されたIQOS 2.4 Plus。当時は本当に品薄状態が続いてましたね。ネットの転売価格もけっこうなものになっていた記憶があります。

この記事では確実性の高い方法として、「オンラインのIQOSストアで予約する」方法を推奨していました。

しかし実際に自分でもトライしましたが、まー取れない。予約が取れない。1週間先も2週間先も全然ダメ。

僕は途中で折れましたが、粘り腰のFantastickのスタッフのおかげで何個か手に入れることができました。

それに比べると最近は本当に書いやすくなりましたね~。

2位:外れないと焦るんだこれが

解決!iPhoneがケースから外れなくなった時の対処法

2016年2月4日の記事。

昨年は5位でしたが、見事ロングランのアクセスをいただき、年間2位にランクアップしました。時系列で見ても特に波はなく、毎日ずーーーっとたくさん閲覧していただいていた様子。

それくらい「スマホがケースから外れなくて困っている人が多い」ということですね。

僕もすごく経験あります。

新作のサンプルを持って商談へ。先方が持っているiPhoneに新作を装着。一通り説明して次のケースへ。。。あれ?あらら?取れない!?

「サンプルなんでね」とにこやかに話を進めますが、それは顔だけ。実は脇汗ビッショリで必死になってケースを外している。。。

ということも昔はありました。ああ、当時この技を知っていればなぁ。。。

1位:2年連続の首位!みんなこれに困っていた

【復活!】粘着タイプのケースの粘着力が落ちてきた時に試したい方法

2016年1月29日の記事。

なんと2年連続の首位です。快挙!お悩み解決系の記事が見事ワンツーフィニッシュを決めました。

やはり年間を通してコンスタントに閲覧していただきました。

この記事では、

粘着タイプのケースの粘着プレートって一回剥がしちゃったらもう貼れないんじゃないの?

という心配に対し、明確に解決方法をお答えしています。

安心して下しさい、貼り剥がしできますよ!

どうやら当時はとにかく明るい◯△が流行ってたようです。

そんな発見もありつつ、思っている以上に簡単に粘着力を復活させる方法をご案内しました。メールや電話でのお問合わせも多いので、2018年も上位をキープしそうな予感。

良いお年を&2018年もご贔屓に

以上が2017年度の年間人気記事ランキングでした。

2016年度版→2016年の年間人気記事からFantastickの1年を振り返る

昨年がIQOSアクセサリー関連の記事がかなり強かったのに対し、今年はライバルも台頭してきたこともあり、加熱式たばこ全体的に関心が広がったように見えますね。

これは確かに僕達の営業活動ともリンクする流れでした。

そして改めて実感しますが、お悩み解決系の記事は強い!

もちろんこれは記事だけじゃなく、製品にも通じる話です。2018年はふんどしの紐を締め直し、一番となっていい製品を送り出し続けます!

それでは良いお年を。

太田でした。


IQOSおよび、ヒートスティック™はPhilip Morris Products S.A.の登録商標です。
Ploom TECH™および、たばこカプセルは日本たばこ産業株式会社の登録商標です。
glo™および、ネオスティックはBritish American Tobacco Japan, Ltd.の登録商標です。
その他、本サイトに記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。